相続人(連絡が取れない相続人)|弁護士による相続相談

 私が相談を受けてる相続の案件で、相続人の一部に連絡が取れずに困っている案件があります。このような場合、どのようにして相続手続きを進めるのがよいのでしょうか。

 遺言があるかないかによって、手続の流れが変わってくるものと思われます。遺言があれば、その内容に従い、相続をさせるまたは遺贈をさせるとされた方が相続することになります。

これに対して、遺言が存在しない、または、遺言があってもその中ですべての相続財産について、遺産分割等の方法が指定されていない場合及びすべての相続財産の記載がされてない場合には、相続人全員で、「遺産分割」手続を行う必要があります。

遺産分割は、相続人全員で行う必要があり、一部の相続人を除いた遺産分割は無効とされる可能性が高いです。

ご質問のように、相続人の一部の方が連絡が取れない場合、以下のような方法が考えられます。

 ・連絡を取る

    戸籍の附票等を利用して、現在の所在地を探す。

 ・裁判手続きによる解決(ただし、連絡を取る方法を尽くした後に行う必要があります)。

    家庭裁判所へ不在者財産管理人の申立てを行い、同管理人を交えて、遺産分割協議などを行う。

被相続人が再婚を行っており、再婚相手との間にも子供がいるような場合には、相続人間で連絡が取れないという事態はよくあるようです。

このような場合、一般の方が自ら連絡を取る為の手段を用いることは難しい事が多いようですので、専門家である士業がお手伝いすることにより、解決が図れるケースと言えそうです。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る