相続人(相続人に代襲者がいる場合)|弁護士による相続相談

 私が相談を頂いているお客様の中で、相手方の相続人の中に、「代襲相続人」の方がおられる事案があります。代襲相続人がいる場合の、相続手続きで注意点はありますか。

 弁護士による回答:今回の相続のご相談は、「相続人」に関するものです。

相続人の中に、代襲相続人がいる場合、以下の点に注意しながら手続きを進めることが良いと思います。

まず、世代が違うことから、通常の場合と比べ、相続人間で連絡が取りにくい場合が少なくないようです。遺産分割のためには、相続人をきちんと把握することが必要です。相手方の所在が不明な場合、その所在の確認については、戸籍の附票等利用することになりますが、弁護士の特別な権限である弁護士の「職務上請求」が役に立つものと思われます。

また、「特別受益」の点について、被代襲者が受けた受益が代襲相続人に及ぶかについては、家庭裁判所における審判手続きに等においても、見解が分かれているようです。

これらの点を、ご相談者の方に、最初にご説明しながら手続きを進めていくことをお勧めします。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る