相続財産(相続財産が開示されない)|弁護士による相続相談

 私は司法書士ですが、私がご相談を受けている相続の案件で、被相続人と同居していた相続人の一部の方が、他の相続人に対して、相続財産の開示を行わず、遺産分割が進まないというケースがあります。このような場合、どのようにして、遺産分割を進めていくことになりますか。

 弁護士による回答:今回の相続のご相談は、「相続財産」に関するものです。

遺産分割は、その前提として、「相続人の範囲」、「相続財産の範囲」を確定することが必要となります。

相続人の一部を除外してなされた遺産分割はその効力が問題となりますし、遺産の一部を除外してなされた遺産分割は後日、その遺産について、再度の遺産分割を行わなければならなくなる可能性があります。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)における相続に関するご相談の中でも、相続財産の開示がなされないという相談は非常に多いものです。

相続財産には多様なものがあり、弁護士による専門的な調査が役に立ちます。不動産、預金、株式、生命保険、その他債権等、それぞれの財産の事情に応じて手続きを進めることが重要です。

弁護士による相続解説:相続人の確定については、被相続の出生から死亡までの戸籍類の取得を行います。

相続財産の確定については、他の相続人の協力が得らえない場合、自ら調査を行っていく必要があります。この場合、主な財産の種別及び評価がポイントとなります。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る