遺留分制度|弁護士による相続相談

Q 遺留分とはどのような相続の制度ですか。

 弁護士による回答遺留分の制度とは、相続人が遺言で遺贈や相続分の指定を行った場合でも、相続人が一定割合の相続財産を取得することを保障する制度をいいます。

弁護士による相続解説遺言書の作成の増加に伴い、多数の相続のご相談が寄せられる弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉事務所においても、遺留分に関する弁護士への相続のご相談が増えています。

この制度は、被相続人の財産処分の自由と残された家族の生活における物質的な基盤を最低限確保することの調整を目的としています。 これによって、仮に被相続人が相続財産の全てを特定の者に贈与するという遺言を残した場合でも、相続人は法律に従った一定の割合の相続をすることが可能です。

遺留分の算定には、きちんとした相続人、相続財産の調査、把握が前提となります。

遺留分に関する事柄は、紛争になることが少なくなく、相続人調査、相続財産調査・評価(特に不動産)など相続の専門家である弁護士の助力が役に立つ分野といえます。

相続の遺留分に関してお悩みの方は、ぜひ一度弁護士にご相談ください。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る