死亡退職金と相続税|弁護士による相続相談

Q 夫は、まだ働き盛りの55歳で亡くなり、勤めていた会社から3000万円の死亡退職金が支給されました。死亡退職金は、相続税を考える際に、特別な扱いはされるのでしょうか。

A まず、相続税には基礎控除等があり、そもそも相続税がかからない場合が少なくありません。全相続人が受けとった退職手当金等を合計した金額が、非課税限度額を超えたときに、その超えた部分の金額が相続税の課税対象になります。

※退職手当金の非課税枠

 500万円×法定相続人の人数(相続放棄を行ったものを含む)=非課税限度枠

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士 大隅愛友(おおすみ よしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る