遺言能力

遺言能力とは(いごんのうりょく。ゆいごんのうりょく)、遺言を単独で有効に行うことができる法律上の地位または資格のことをいいます。遺言を行うには意思能力(自らが作成しようとする遺言の内容を正確に理解し、その効力が生じることによる結果を弁識しうるに足りる能力)が必要とされます。

遺言は、法律上の内容を含まない「遺書」とは異なります。

法律上、成人年齢、婚姻可能年齢とは異なり、15歳に達した者は意思能力があるとされています。遺言能力は、法教育の一環として、未成年の方に対しても、自分自身にかかわる法律の存在を理解する一つの例としても用いられたりしています。

高齢や病気(認知症など)により、判断能力に支障が出ている場合には、成人であっても遺言能力が認められないことがあります。

高齢や病気による判断能力の衰えがある場合、遺言能力が否定され、遺言が無効とされてしまうリスクがあります。そのような場合には、遺言を作成する際に、医師の診断書を取得したり、法律の専門家で第三者である公証人を介して遺言を作成する公証遺言の利用が推奨されます。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る