成年後見人

 成年後見人とは、精神上の障害(認知症、知的障害、精神障害など)により事理弁識能力(判断能力)を欠く状況にあるために一定の者の請求によって家庭裁判所から後見開始の審判を受けた者(成年被後見人)を保護する者をいいます。

事理弁識能力を欠く状態とは、ほぼ継続的に意思能力を欠く状態を指します。

成年被後見人に対するオレオレ詐欺をはじめとする刑事事件、消費者被害事件からこれ慰謝を守り、高齢者の自己実現、安心して暮らせる社会を実現するための制度です。

成年後見制度は、大きく分けると、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つがあります。また、法定後見制度には、「後見」、「補佐」、「補助」の3つに分かれており、事理弁識能力の程度により家庭裁判所において決定されます。後見人は、本人の親族または弁護士などの専門家が鳴ることが多いです。

後見開始の審判は、本人または配偶者、4親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人または検察官によりなされます。なお市町村長も一定のものに対しては、その福祉を図るため特に必要があると認めるときは後見開始の審判を請求することができることとされています。

家庭裁判所は後見開始の審判をするときは職権で成年後見人を選任します。成年後見人については複数の者が選任されることがあります。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る