相続開始前の相続放棄

相続放棄とは、民法に定めのある法律上の概念のひとつであり、相続人が家庭裁判所での相続放棄の手続きを行い、遺産(プラス及びマイナスの全ての)遺産の相続を放棄することをいいます。

相続放棄が用いられる場面としては、被相続人の負債が財産よりも多く、そのまま相続してしまうと、自らの財産で被相続人(亡くなられた方)の借金を返さなければならない場面や、家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどに使われる。

なお、相続放棄は、相続開始後3か月以内に家庭裁判所へ申し立てを行う必要があります。

なお、相続開始以前に、相続放棄とは、相続(することが予定されているもの。推定相続人)人が。被相続人の生前に、自己が相続する権利を放棄することをいいます。

遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を得れば相続開始前(被相続人の生前)に行うことも可能ですが、相続開始前の相続放棄は認められていません。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る