相続欠格

 相続欠格とは、相続人となるべき者に民法が規定する重大な非行があった場合、その者の相続権が当然に奪われることをいいます。

法定相続人が相続に関して、次のような不正な利益を得ようとして不正な行為をし、またはしようとした場合に、法定相続人は法律上当然に、相続人の資格を失います。

欠格者は同時に受遺者としての資格も失うので、遺贈を受けることもできません。
なお、相続欠格者は代襲原因にあたるので、欠格者の子は代襲相続することができます。相続欠格事由は、生命侵害行為と遺言行為への違法な干渉とに大別されます。

(相続欠格に該当する行為)

・故意に被相続人あるいは相続について先順位・同順位の相続人を殺し、または殺そうとして、刑に処せられた者  ・被相続人が殺害されたことを知ったにもかかわらず、これを告発せず、または告訴しなかった者  ・ 詐欺又は強迫によって、被相続人が遺言を作成したり、既にしてある遺言を取り消したり、変更したりすることを妨げた者  ・詐欺又は強迫によって、被相続人に遺言をさせたり、既にした遺言を取り消させたり、変更させたりした者   ・遺言書を偽造したり、既にある遺言書を変造したり、破棄したり、隠匿したしたりした者

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る