相続債権者

相続債権者(遺産債権者)とは、相続財産に属する債務の債権者、すなわち被相続人に対する債権者をいいます。相続人に対する債権者は含まれません。

相続ではプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も引き継がれます。マイナスの財産、債務については、相続人は、原則として、その法定相続分に従い、弁済等を行う義務があります。

相続人による協議でマイナスの相続割合を変更することは、債権者の利益を害するため認められていません。

マイナスの財産の承継を防ぐための方法としては、「相続放棄」や「限定承認」といった手続があります。なお、相続放棄や限定承認は、家庭裁判所での手続きを行う必要がありますが、いずれも相続開始時からの期間制限があるため、注意が必要です。

不明点などがある場合には、速やかに、相続・遺産分割の専門家である弁護士へご相談いただくことをお勧めいたします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る