相続財産

相続財産とは、相続によって相続人、受遺者に承継される財産の総称をいいます。

相続財産には、被相続人の持っていた積極財産(プラスの財産)だけでなく消極財産(マイナスの財産)も含まれます。なお、被相続人の一身に専属したものは相続の目的となりません。

相続財産としては主なものとして以下のものがあります。

 ・土地及び建物(住宅用土地建物、農地、その他土地)

 ・預貯金

 ・有価証券(株式、社債、国債など)

・自動車、バイク

・ゴルフ会員権

・動産(書画、骨董、宝石類など)

・貸金債権

・負債(借入金、保証等)

・生命保険

それぞれの価額について把握することが必要となります。

相続の限定承認、財産分離などの場合は、相続人固有の財産から分離された一種の特別財産として清算されます。

マイナスの財産の方が大きいような場合には、相続しない(相続放棄)ことや、条件付きで相続を行う(限定承認)も可能です。

相続財産の把握は、遺産分割の前提となるものです。相続財産に抜けがある場合には、遺産分割がやりなおしになったり、再度遺産分割を行う必要があります。

 

遺産分割においては、被相続人(亡くなった方)と同居していた相続人の一部の方が、相続財産の開示を拒むことがありますが、遺産分割のためには、正確な把握が重要です。相続財産の調査・把握が難しい場合、相続・遺産分割の専門家である弁護士に速やかに相談されることをお勧めします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る