相続財産管理人

相続財産管理人とは、相続人が不存在の場合、相続財産法人の管理のために家庭裁判所に選任された者のことをいいます。

相続人の存在,不存在が明らかでないとき(相続人全員が相続放棄をして,結果として相続する者がいなくなった場合も含まれる。)には,相続財産は法人となりますが、家庭裁判所は利害関係人または検察官の申立てによって相続管理人を選任する必要があります。

相続財産管理人は,被相続人(亡くなった方)の債権者等に対して被相続人の債務を支払うなどして清算を行い,清算後残った財産を国庫に帰属させることになります。なお,特別縁故者(被相続人と特別の縁故のあった者)に対する相続財産分与がなされる場合もあります。

財産管理人が選任された後の主な手続は,以下のとおりです。なお、途中で相続財産が無くなった場合はそこで手続は終了します。

家庭裁判所は,相続財産管理人選任の審判をしたときは,相続財産管理人が選任されたことを知らせるための公告を行います。

選任を知らせるための公告から2か月が経過してから,財産管理人は,相続財産の債権者・受遺者を確認するための公告をします。

相続財産の債権者・受遺者の確認のための公告から2か月が経過してから,家庭裁判所は,財産管理人の申立てにより,相続人を捜すため,6か月以上の期間を定めて公告をします。期間満了までに相続人が現れなければ,相続人がいないことが確定します。

手続の途中で必要がある場合、財産管理人は,裁判所の許可を得て,被相続人の不動産や株を売却し,金銭に換えることもできます。

財産管理人は,法律にしたがって債権者や受遺者への支払をしたり,特別縁故者に対する相続財産分与の審判にしたがって特別縁故者に相続財産を分与するための手続をします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る