相続人

相続人とは、相続において被相続人の財産上の権利義務を承継する者のことをいいます。

相続人の範囲は民法に定めがあり、具体的には、被相続人の配偶者と、一定範囲の血族が法定相続人となります。

血族は、被相続人の子またはその代襲者、直径専属、兄弟姉妹またはその代襲者の順で相続人となります。胎児も相続については生まれたものとみなされるなどの例外もあります。なお、いわゆる内縁の配偶者は、相続人とはなりませんので注意が必要です。

<相続人の範囲>

「配偶者」

被相続人に配偶者がいる場合は、配偶者はどんな場合でも相続人になります。相続開始時に配偶者であれば、その後に再婚しても相続権は失いません。

「子ども」

子どもがいる場合は、子どもも相続人になります。なお、養子、父母の婚姻前に生まれた子ども(非嫡出子と呼ばれます)、胎児については、その相続分などにおいて特例があります。

「父母、兄弟姉妹」

父母、兄弟姉妹は、相続開始時に現存している者の組み合わせによって相続人になるかどうかが決まります。被相続人に子どもがいた場合は、いずれも相続人にはなれません。

被相続人に子どもがいない場合、被相続人の父母と配偶者が相続人になります。さらに、配偶者も死亡している場合には父母だけが相続人になります。

被相続人に子どもがおらず、父母が死亡している場合、被相続人の兄弟姉妹と配偶者が相続人になります。さらに、配偶者も死亡している場合には兄弟姉妹だけが相続人になります。

<相続割合>

配偶者と子がいる場合は、配偶者と子がそれぞれ2分の1ずつ(子どもはその人数に応じてさらに按分)相続します。配偶者が死亡していれば子が全部相続します。配偶者と親がいる場合には、配偶者が3分の2で親が3分の1をそれぞれ相続します。

配偶者が死亡していれば親が全部相続します。配偶者と兄弟姉妹がいる場合には、配偶者が4分の3で兄弟姉妹が4分の1をそれぞれ相続します。配偶者が死亡していれば兄弟姉妹が全部相続します。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る