相続分

相続分とは、相続において、同順位の相続人が数人あるとき、各共同相続人が、相続財産の全体に対して有する取り分の割合またはその金額をいいます。相続分は、民法に定められているものです。

被相続人は、遺言で共同相続人の相続分を定め、またはこれを定めることを第三者に委託することができます。被相続人が相続分を指定しなかったときは法定相続分に従います。

なお、相続人が実際に相続を受ける割合を「具体的相続分」といいます。

1 配偶者がいて子がいない場合:配偶者のみが全てを相続します。

2 配偶者と子がいる場合:配偶者と子がいる場合は、配偶者と子がそれぞれ2分の1ずつ(子どもはその人数に応じてさらに按分)相続します。

3 配偶者と親がいる場合(子どもがいない場合):配偶者と親がいる場合には、配偶者が3分の2で親が3分の1をそれぞれ相続します。

4 (配偶者と子どもがおらず)親がいる場合:配偶者が死亡していれば親が全部相続します。

5 配偶者と兄弟姉妹がいる場合:配偶者と兄弟姉妹がいる場合には、配偶者が4分の3で兄弟姉妹が4分の1をそれぞれ相続します。

6 (配偶者、子、親がおらず)配偶者の兄弟姉妹がある場合:配偶者が死亡していれば兄弟姉妹が全部相続します。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る