相続分皆無証明書

相続分皆無証明書とは、ある相続人が被相続人から、生前贈与(特別受益)などを受けており、遺産分割協議の結果、その人は相続分がない旨を書いた文書をいいます。

実務上、相続放棄に代わる簡易な方法として利用されているようです。 農業や商業を営んでいる場合、事業用資産が細分化され、経営が成り立たないことになります。そこで、一般には相続放棄や遺産分割協議により事業承継者が財産を取得する方法がとられます。
 しかし、相続放棄は、家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出する手続きが必要です。また、遺産分割協議書を作成する方法は、遺産分割のための協議を行い、相続人全員が実印で証明捺印して(印鑑証明書の添付も必要)作成するもので、手間がかかります。

しかし、遺産分割協議では相続財産は受け取らないとすることはできるものの、相続財産のうち、マイナスの部分(借金や住宅ローン)は相続されてしまうことから、このことを十分理解せずに相続分皆無証明書を作成してトラブルになる例も少なくないようです。相続しないことを考えている方についても、遺産分割の方法については、相続・遺産分割の専門家である弁護士へ相談されることをお勧めします。

 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る