相続放棄

「相続放棄」とは、相続人が家庭裁判所に対して相続を放棄(全ての相続財産を承継しない)する手続をいいます。

相続の方法としては、その他に、被相続人(亡くなった人)の財産、債務をすべて受け継ぐ「単純承認」、相続人の財産の中から、被相続人の債務の支払いを行う「限定承認」などがあります。

相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知ってから原則3か月以内に改訂裁判所へ行う必要があります。

相続を放棄した者は初めから相続人でなかったとみなされ、被相続人の財産や権利義務を一切承継しません。相続放棄は相続財産につき、プラスの財産(積極財産)よりもマイナスの財産(消極財産)の方が大きい場合に相続人が過大な債務を負うのを回避するためのものです。

相続放棄は、熟慮期間という期間の制限があるため、できる限り速やかに相続財産の調査を行い、判断、手続きを行うことが重要です。相続人と疎遠であったなどの事情により、相続財産の調査が難しい場合には、相続・遺産分割の専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

マイナスの財産の方が大きい場合の対応の方法として、上記の「限定承認」という方法もあります。

なお、遺留分放棄とは異なり、相続開始前に事前に相続放棄をすることはできません。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る