単純承認

単純承認とは、相続人が被相続人の権利義務を無限に承継する趣旨の意思表示をいいます。単純承認は、意思表示ですが、外部に対して何か積極的な意思表示を行う必要はなく、相続開始から3か月以内に、相続放棄または限定承認を申述しないと自動的に単純承認をしたものとみなされます。

また、相続人が相続財産の全部または一部を処分したり、相続放棄や限定承認をした後で相続財産の全部または一部を隠匿したりした場合も単純承認したことになります。

単純承認したとみなされる例

相続人が相続財産の全部、または一部を処分した。

相続人が自己に相続が開始したことを知ったときから3か月以内に「限定承認または相続放棄」をしなかった。

相続人が、限定承認、または相続放棄をした後であっても、相続財産の全部、または一部を隠匿したり、消費したり、わざと財産目録に記載しなかった。

一旦単純承認を行うと、相続放棄も限定承認もできなくなります。被相続人に借金があったような場合にもその借金を引き継がなくてはならなくなりますので、十分注意が必要です。

 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る