嫡出否認の訴え

嫡出否認の訴え(ちゃくしゅつひにんのうったえ)とは、親子関係の不存在を裁判上確認するための訴えの一つで、嫡出推定を受ける子と親子関係を覆すために、母の夫又はかつて夫であった者が、その子が自分の嫡出子であることを否認する訴えのことをいいます。

婚姻中または離婚後300日以内に生まれた子どもは,婚姻中の夫婦間にできた子(嫡出子)と推定されます。そこで、仮に他の男性との間に生まれた子どもであっても、出生届を提出すると夫との間の子どもとして戸籍に入籍することになります。

この夫との間の子どもであるとの推定を否定するためには,家庭裁判所に対して,夫からその子どもが自分の子どもであることの否認を求める嫡出否認の調停を申し立てなければなりません。

嫡出否認の申立ては,民法により,夫が子の出生を知ったときから1年以内にしなければならないとの期間制限があります。

なお、この調停において,当事者双方の間で,子どもが夫の子どもではないという合意ができ,家庭裁判所が必要な事実の調査等を行った上で,その合意が正当であると認めれば,合意に従った審判がなされます。

※ 婚姻の解消又は取消し後300日以内に生まれた子の出生の届出の取扱いについて

 婚姻の解消又は取消し後300日以内に生まれた子のうち,医師の作成した「懐胎時期に関する証明書」が添付され,当該証明書の記載から,推定される懐胎の時期の最も早い日が婚姻の解消又は取消し後である場合には,前の夫を父としない出生の届出をすることができることとされています.

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る