調停分割

遺産分割(調停)とは、被相続人が亡くなり、その遺産の分割について相続人間で話合いがつかない場合に、家庭裁判所の調停手続きを利用して遺産分割を行う方法をいいます。

遺産分割調停は、相続人のうちの1人もしくは何人かが他の相続人全員を相手方として、家庭裁判所に申し立てます。調停手続では、当事者双方から事情を聴いたり、必要に応じて資料等を提出してもらったり、遺産について鑑定を行うなどして事情をよく把握したうえで、各当事者がそれぞれどのような分割方法を希望しているか意向を聴取し、解決案を提示したり、解決のために必要な助言をし、合意を目指して話合いが進められます。

話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に「審判」手続が開始されます。

なお、遺産分割の前提に争いがある場合(遺産の範囲、遺言の無効確認)、相続とは別に、地方裁判所に「訴訟」手続きを行う必要があります。

遺産分割調停は、法律、裁判手続に関する専門的な知識が必要であり、その効力もきわめて大きいため、不明な点がある場合には、相続・遺産分割の専門家である弁護士に相談しながら手続きを進めることをお勧めします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る