特別受益

特別受益とは、被相続人からその生前、結婚資金や、建替費用、高額の教育費、事業資金等を特別に受け取ったものをいいます。

もっとも、被相続人から受け取った全ての利益をいうのではなく、生計の資本となる者など一定の条件があります。この具体的な内容については多数の裁判例の集積があります。

特別受益は、相続人間の公平を図るための制度であり、特別受益を受けた場合は、持ち戻しを行った上で相続分を計算することになります。

特別受益の具体例としては以下のようなものが挙げられます。

  • 遺贈されたもの
  • 婚姻や養子縁組のための贈与(婚姻の際の持参金など)
  • 生計の資本としての贈与(住宅購入資金、開業資金、高額な学費等)
  • 生命保険金・死亡保険金

なお、特別受益の判定は、被相続人と相続人との関係、他の相続人の得た生前贈与など、その他の事情により定まりますので、下記に該当する事実が認められる場合でも、それが直ちに生前贈与に当たる訳ではないことに注意が必要です。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る