特別養子縁組

特別養子縁組とは、家庭裁判所での手続きにより、養子と実方の父母及び血族との親族関係が終了する縁組のことをいいます。

特別養子縁組は、養子となる者の父母による監護が著しく困難又は不適当であるなどの特別の事情がある場合において、子の利益のために特に必要があると認めるときに、家庭裁判所が養親となる者の請求により審判によって成立します。

通常の養子縁組の条件が厳格にされており、原則として25歳以上の夫婦が共同して6歳未満の者を養子とし、縁組について養子となる父母の同意があるときに認められ、特別養子縁組によって嫡出親子関係が成立し、実親と養子との親子関係が終了します。したがって、養子と実方の両親との相続関係も発生しないことになります。

また,離縁は原則として禁止されています。

<普通養子縁組>

普通養子縁組とは、養子が、戸籍上は実親との関係は残り、二重の親子関係になる縁組をいいます。戸籍上は養親(ようしん)との関係は「養子」と記載されます。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る