配偶者

配偶者とは、婚姻の相手が出あり、夫婦の一方からみた他方のことをいいます。すなわち、夫からみた妻、妻からみた夫のことです。

配偶者は特別な法的関係にあり、相続や扶養の義務など、さまざまな法的な権利義務関係が生じます。

相続の場面においては、配偶者は、常に相続人となりうる立場となります。また、配偶者の相続分は、配偶者以外に、誰と相続するかで異なります具体的には以下のとおりです。

配偶者と子どもの場合 1/2

配偶者と被相続人の親の場合2/3

配偶者と被相続人の兄弟姉妹の場合3/4

なお、法律上の「配偶者」には、内縁関係のパートナーを含まれないことに注意が必要です。つまり、内縁のパートナーには、法律上の相続権が認められず、被相続人(亡くなられた方に相続人(その方の法律上の配偶者、子、親など)がいた場合、内縁のパートナーには一切の相続する権利がありません。

内縁のパートナーに財産を分けたい場合には、「遺言」書を作成する必要があります。被相続人に法律上の相続人がいる場合で、内縁関係の方がいる場合には、相続の場面において紛争になる可能性が高いため、弁護士等の専門家に相談して、遺言の準備を行うことをお勧めいたします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る