秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、民法で定められた普通方式の遺言の1つで、民法上の形式を守って作成されたものをいいます。具体的には、遺言者が遺言書に署名・押印し、その証書を封じて証書に用いた印章で封印し、公証人1人および証人2人以上の前に封書を提出し、自己の遺言書である旨または他人によって書かれているときは、筆記者の氏名・住所を申術し、次に公証人が封紙に証書を提出した日付および遺言者の申述を記載し、遺言者・証人・公証人が、封紙に署名押印するという方式で行われます。

遺言の種類としては、秘密証書遺言の他に、「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」がありますが、秘密証書遺言は、遺言書の保管は確実にしたいが遺言内容を死ぬまで誰にも秘密にしたいときに使う方式です。

 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る