普通養子縁組

普通養子縁組とは、民法で定められた普通の養子縁組のことをいいます。

これに対して、養子と実の親の親子関係が切れるものを「特別養子縁組」といいます。

普通養子縁組とは、養親となる者が成年者であること、養子となる者が養親となる者の尊属または年長者ではないこと、配偶者のある者が未成年者を養子とする場合には原則として配偶者とともにすること、未成年者を養子とするときは原則として家庭裁判所の許可を得るなどの要件があり、戸籍法に従って届け出ることにより効力を生じます。

法律上は嫡出子と同様の身分を取得します。同じ順位で等分に相続権が発生します。また普通養子の場合、養子と実親の間にも親子関係は存続しますので、養子は養親の相続についても実親の相続についても、相続権を失うことがありません。

 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る