包括遺贈

包括遺贈とは、遺言によって遺産の全部(全部包括遺贈)または一部の割合(割合的包括遺贈)で示された部分を他人に与える行為のことをいいます。

遺贈とは、遺言により被相続人の財産を相続人、相続人以外の第三者や法人に無償で譲与することをいいます。遺贈する人を遺贈者といい、それを受ける人を受遺者といいます。

遺贈には、「包括遺贈」と「特定遺贈」という2種類があります。

包括受遺者は相続人と同一の権利義務を有するとされているため、相続人と同様に扱われます。包括遺贈は、財産を特定して受遺者に与えるのではなく、遺産の割合で指定して遺贈する財産を指定することになります。

なお、相続人の遺留分を侵害するような遺言を行った場合、相続開始後に、相続人から遺留分侵害減殺請求や訴訟を起こされるリスクがありますので、注意が必要です。

また、包括受贈者も相続人と同じ方法により、家庭裁判所において、放棄手続きをとることができます。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る