保証債務

保証債務とは、債務者が債務を履行しない場合に、債務者に代わって履行を約束した者が負担する債務のことをいいます(民法446条)。

この義務は保証債務と呼ばれ、義務を負う者のことを保証人と呼ばれます。保証債務は、保証人と債権者との間で締結される契約(保証契約)によって生じます。なお、主債務者はこの保証契約とは無関係です。

保証債務は、抵当権などの物的な担保と比較して、人的な資力に注目された制度であることから、人的担保と呼ばれます。

保証債務の内容は、主債務に付随する義務も含まれます、具体的には、金銭消費貸借契約においては、主債務(元本)のみならず、その利息債務、違約金支払義務、損害賠償義務その他、債務の従たるすべての債務も保証の範囲に含まれます。

相続の場面においては、被相続人が連帯保証人になっていた場合、その連帯保証人の立場も引き継ぐことになります。

なお、相続財産(プラスの財産)よりも借金の方が多いような場合には、「相続放棄」や「限定承認」などの法的手続きを検討することになります。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る