養子縁組

養子縁組とは、養親となるものと養子となる者の間で、親子関係の法律関係を設定することを目的とする身分上の契約のことをいいます。

養子縁組には「普通養子縁組」と「特別養子縁組」という種類があります。

縁組によって実親子関係と同一の法律関係が生じます。具体的には、養子は養親と同じ氏を名乗ることになり、扶養義務の発生や、相続関係の発生などが挙げられます。養子縁組は、要式行為であり、その要式を満たしてはじめて、効力が生じます。

養子は、養親の氏を称することになります。

民法は、養子縁組は届出によって効力を生ずるとしています。その他、養子は15歳以上であれば実父母の意思と関係なく縁組が可能ですが、15歳未満の者を養子とする縁組の場合は法定代理人による代諾により養子縁組を承諾しうるとされています。

なお、特別養子縁組の場合は、家庭裁判所の審判による必要があります。これは、実父母との関係がなくなるため、家庭裁判所に関与させることにより、慎重に手続きを行わせるためであり、あわせて、原則として実父母の同意が必要である。

養子縁組の解消の場合として、養子縁組に瑕疵がある無効・取消の場合のほか、有効の縁組を将来的に解消する離縁があります。養子縁組の無効は、法的には、初めから当然に養子縁組の効力が生じないことになりますが、縁組の取消と離縁は、いったん有効に生じた養子縁組が当事者の意思表示により縁組を解消する効力を生じることになります。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る