遺言年齢(遺言適齢)

遺言年齢(遺言適齢)とは、単独で有効に遺言を行うことができる能力、資格のことをいいます。

なお、遺言とは、その内容に法的な内容を含まない「遺書」とは異なります。

遺言年齢は、成人年齢、婚姻可能年齢(20歳)とは異なります。15歳に達した者は原則として有効な遺言を行うことができます(民法961条)。

遺言は、遺言年齢に達したものであれば、未成年であっても有効にできます。民法は未成年であっても15歳以上のものであれば、遺言の必要性と、その能力を認め、単独で有効な遺言作成能力を認めています。

法教育の一環として、未成年の方に対しても、自分自身にかかわる法律の存在を理解する一つの例としても用いられたりしています。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る