遺産分割協議書(遺産分割)|弁護士による相続相談の用語集

遺産分割協議書とは、相続に関して、遺産分割協議によって合意した分割内容を記載した書面のことをいい、弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)に寄せられる相続相談の中でも特に多いご相談の一つです。

遺産分割協議書には相続人「全員」が署名をしたうえで「実印」を捺印することにより、押印の真実の確認のため「印鑑証明書」を添付します。一部の相続人が参加せずに作成された遺産分割協議書の効力は認められません。

「遺産分割協議」は、共同で相続した相続財産を具体的に誰がどのように分けるかを話し合うことをいいます。

遺産分割協議書は、相続人の人数全員分を作成し、全員の署名・押印をして各自1通づつ保管することになります。

遺産分割協議書の作成については、相続人全員で行う必要があり、行方不明、連絡の取れない相続人がいる場合、家庭裁判所で相続に関する手続きが必要となります。

また、相続財産の確定が重要となりますが、弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉事務所に寄せられる相続相談には、一部の相続人の協力が得られず、相続財産の総体が分からない状態で困っているという相続のご相談も少なくありません。

遺産分割に関するご心配、ご不安がある場合、相続・遺産分割の専門家である弁護士へ相談されることをご検討ください。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る