寄与者|弁護士による相続相談の用語集

寄与者とは、相続の遺産分割や遺留分減殺の場面において問題とされるものであり、被相続人の相続財産の維持または形成させるのに特別な貢献、寄与をした人のことをいいます。

寄与分は、このような場合に、寄与者に対して寄与に相当する額を加えた財産の取得を認めるものです。

寄与分・寄与者は、相続のうち、遺産分割または遺留分に関する弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)へのご相談の中でも、よく質問される内容です。

寄与分といえるためには、寄与行為の存在によって、被相続人の財産の維持又は増加があること、寄与行為が特別の寄与といえることが必要です。

<寄与分の態様>
被相続人の事業に関する労務の提供
被相続人の事業に関する財産上の給付
被相続人の療養看護
その他の方法

<寄与者と遺言の関係>
被相続人が、特定の相続人に対し、遺言により、寄与分を定めることはできません。 寄与分は法律士、共同相続人の協議、家庭裁判所の調停または審判で定めることとされているためです。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る