寄与制度(寄与分制度)|弁護士による相続相談の用語集

寄与制度(寄与分制度)とは、相続の遺産分割や遺留分減殺の場面において、被相続人の財産の維持したり、増加させるのに貢献した人に対して、法定相続分どおりに財産を分配してしまうと他の相続人と不公平が生じてしまう場合に、その貢献に見合った割合にする相続制度のことをいいます(民法904条の2)。

 

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)に寄せられる遺産分割や遺留分減殺等の相続のご相談の中でも、比較的問い合わせが多いものといえます。寄与分の主張としては、被相続人の療養看護により相続財産を増加させたことを理由とする療養看護型の寄与分のご相談が多いです。

 

寄与分の特長は、弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所としては、当事者からの相談が多く、主張が強いことに対して、裁判所が寄与分の主張を入れることは少ないという感じがあります。

<寄与分が認められる場合>
1 被相続人の事業に関する労務の提供または財産の給付
2 被相続人の療養看護その他の方法により
3 被相続人の財産の維持または増加につき特別に寄与をした共同相続人

<寄与分を定める手続き>
寄与分は、原則として相続人全員の話し合い(協議)で決めます。協議がまとまらないときは、家庭裁判所に寄与分の調停や審判を申立て、その手段の中で金額を定めることになります。

寄与分は、①具体的な寄与行為の特定、②各寄与行為の金銭的な評価を行い、算出していくことになります。

寄与分は、相続の場面において、当事者の主張が強いのに対して、実務上認められにくい傾向があるため、主張を検討している場合、相続の専門家である弁護士へ相談するなどして、相続の手続きを進めることをおすすめします。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る