権利証|弁護士による相続相談の用語集

権利証とは、法令上では「登記済証」という名称で不動産の権利名義人宛に登記が完了した際に、法務局が交付する書類のことをいいます(権利者であることを示す書類です。

権利証は、不動産相続の場面において、弁護士または司法書士による相続登記のためにも用いられるものです。

権利証を所持していることが、次回の登記申請に当たり、登記名義人本人であることを証明する資料となります。

平成16年の不動産登記法の改正により、現在は、登記済証(権利証)に代わる本人確認情報手段として、登記識別情報の制度が導入されています。

権利証の悪用防止のため、登記済証(権利証)を取得した者が登記名義人になりすまして不正な登記を行うことを防止するための不正登記防止申出の制度があります。

相続登記または不動産相続に関して、ご心配、ご不安なことがある場合、相続の専門家である弁護士へお気軽にご相談ください。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る