公証役場|弁護士による相続相談の用語集

公証役場とは、相続の場面で公正証書遺言などを相談、作成していただく、公証人が働いている官公庁で公証人が、遺言、契約書などの公正証書の作成、定款や私文書の認証、確定日付の付与などの職務を行う公的な事務所のことをいいます。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)でも、相続のご相談の中で、公正証書遺言の有効性を争う場合や、または、公証役場で公正証書遺言を作成していただく場合等、相続事件において関係の深い機関といえます。

公証人とは長年、裁判官、検察官、法務局長など、多年にわたり法務事務に携わった法律専門家の中から法務大臣によって任命される公務員です。

公証人は、市民の生活や財産などの権利を守り、中立・公正な立場でトラブルを未然に防ぐために活躍しています。
その主な点は、次の通りです。

  • 公正証書で契約書を作って大切な財産を守ります。
  • 公正証書で遺言を作って大切な人に遺産を譲ります。
  • 公正証書で離婚契約書を作って子供の将来を守ります。
  • 定款認証で適法な会社を設立します。
  • 任意後見契約書を作って老後に安心を作ります。
  • 確定日付で私書証書の存在した日を証明できます。

公証人の仕事は、大きく分けて、以下の3種類となります。

1) 公正証書の作成、(2) 私署証書や会社等の定款に対する認証の付与、(3) 私署証書に対する確定日付の付与の3種類があります。

公証人の作成する公正証書(公正証書遺言)のほうが、一般人の作成する私文書(自筆証書遺言)に比べて証明能力が高いと認められています。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る