戸籍抄本|弁護士による相続相談の用語集

戸籍抄本(こせきしょうほん)とは、相続の場面において、相続人の確定、相続人調査のために用いられる戸籍に関係するものであり、戸籍簿の原本内容の一部の事項の写しのことをいいます。具体的には、その戸籍に入っている方の一部の事項を記した写しです。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)へ寄せられる相続相談のうち、戸籍謄本との違いの質問がなされることがありますが、戸籍謄本はある戸籍に入っている方のすべての事項を記したものであるのに対し、戸籍抄本は上記のとおり一部の事項を記した写しである点が相違点になります。

戸籍は、基本的に夫婦未婚の子によって構成されます。戸籍は、人の出生から死亡までの身分関係を登録しているものです。これをたどる(遡る)ことで、その方の身分関係が分かります。

相続人の調査は、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍が必要となるため、個人ではなかなか収集に困難が伴うことがあります。そのような場合には、相続の専門家である弁護士へ相談、依頼を検討してみてください。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る