除籍|弁護士による相続相談の用語集

除籍とは、市町村の役所で管理されている戸籍簿に載っていた人が死亡、結婚、離婚、転籍などによって、戸籍から除かれることをいいます。相続の場面においては、相続人の確定のため、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本を確認する必要があります。

相続人確定のため、除籍の確認は重要な業務であり、多数の相続のご相談が寄せられる弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)においても、毎日、除籍類の確認を行っています。

実際の戸籍にも、除籍という印が押され、または記載されています。また、かつての戸籍簿には、除籍された人の名前の所には、×(バツ印)がされています。

ある戸籍から全員が除籍された場合、その戸籍簿(または戸籍全部事項証明書)は、「除籍簿(または除籍全部事項証明書)」といわれます。

戸籍類は、各市町村で別々に管理されているものであり、被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍をスムーズに収集することは、一般の方には困難が伴う可能性がございます。そのような場合には、相続の専門家である弁護士へお気軽にご相談ください。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る