遺言認知

「遺言認知」とは、遺言で認知(嫡出でない子について、その父または母との間に、意思表示または裁判により親子関係を発生させること)をすることをいいます。

認知は、実際には自分の子供であるものの、嫡出推定(夫婦関係にあるものの間に生まれた子供であり、その夫婦の子供であることが法律上推定されるもの)が及ばない子供に対してなされるものです。

なお、この場合、実際にも自分の子供でないにもかかわらず、認知を行うことは認められません。

認知を行うことにより、嫡出子でない子との間に法的な親子関係を発生させることができます。具体的な効果としては、両者に相続関係を発生させることができます。

遺言は、要式行為(法律上定められた形式、内容を守らなければいけない)とされ、その方式に違反する遺言は無効とされてしまうリスクがあります。遺言は自分自身で作成することもできますが、遺言認知は、重大な身分関係の変動を伴う行為であることから、遺言認知を含む遺言を作成する場合には、弁護士へ相談を行うことをお勧めします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る