相続関係説明図|弁護士による相続相談の用語集

相続関係説明図(相続人関係図)とは、相続の場面において、被相続人(亡くなった方)と相続人の関係性を説明するための図式化した書面のことをいいます。

多数の相続のご相談が寄せられる弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)においても、相続事件の必須業務として、日々作成しているものです。

相続人関係図は相続の際に必ず作成しなければならないというものではありませんが、相続関係が明確になります。弁護士が相続事件を受任した場合には、必ず作成するものです。相続人関係図の作成の方法や、その前提となる相続調査(戸籍の収集等)で専門家の力が必要な場合、弁護士へご相談ください。

また法務省で相続により不動産の名義変更登記を行う場合は「相続関係図」を提出することによって、戸籍(相続を証する書面)の原本を返却してくれます(原本還付)。

取得した戸籍類は、金融機関やその他の相続手続きをする際にも必ず必要となりますので、原本還付してもらえれば同じものを何通も取得せずに済むことになります。

遺産分割や遺留分について家庭裁判所で裁判(調停等)の手続を行う際にも、作成が必要となります。

<相続人関係図の記載事項>
被相続人について 
 ・氏名
 ・生年月日 
 ・死亡年月日
 ・最後の本籍 
 ・最後の住所
 ・登記簿上の住所(不動産を所有していた場合)

 相続人について
 ・氏名 
 ・続柄(被相続人との関係性)
 ・生年月日

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る