登記識別情報通知|弁護士による相続相談の用語集

登記識別情報通知とは、不動産が相続財産としてある相続の場合、遺産分割や遺留分減殺等の後、不動産の相続登記の必要があり、相続登記の際に発行されるものとなります。

平成17年の不動産登記法改正に伴い、従来の権利証(登記済証)に代えて不動産及び登記名義人となった申請人に発行されることになった書類のことをいいます。

登記識別情報は、法務局が無作為に選んだ12桁の英数字からなります。銀行のキャッシュカードの「暗証番号」と同じようなものであり、非常に重要な番号となります。登記識別情報を通知されたら、その情報は厳重に管理する必要があります。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉事務所でも、相続のご相談の際に、相続登記後に交付された登記識別情報の保管についてご質問を受ける事が少なくありませんが、当弁護士事務所では、銀行の貸金庫等への保管をお勧めしています。

<登記識別情報と登記済証の違い>
大きな違いは、その「写し」が有効かどうかということになります。登記済証は、登記完了を証する法務局の赤い印が押してあり、そのコピーは次回の登記には使用できません。

これに対し登記識別情報は、12桁の番号が合ってさえいれば、コピーでも有効です。登記識別情報は、登記のオンライン申請をすることを前提に作られた制度で、オンライン申請をする時は、この番号だけ提供すれば足ります。

遺産分割または遺留分減殺後の相続登記を行った際には、新たな所有者は上記の違いを押さえて、登記識別情報を厳重に管理を行うことが重要となります。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る