遺産から生じた果実

相続に関係する財産には多様なものがありますが、遺産から生じた果実とは、遺産そのものではなく、遺産に属する財産から生じた財産のことをいいます。

相続開始後に生じた果実及び収益については、相続財産そのものではありません。そのために当然には遺産分割の対象にはならないのが原則です。そのため、遺産分割調停・審判においても、相続人の合意がなければ、遺産分割の対象に含まれないこともあります。

遺産から生じた果実の具体例として、相続財産である賃貸マンション、アパートから生じた賃料などがあります。これらは、相続財産自体ではなく、そこから生じた収益・財産です。

そのため、相続財産である賃貸マンション、アパートを相続する者と、遺産分割までにその収益による果実を受ける者は必ずしも一致しない事態が生じます。

この遺産から生じた果実の扱いは一般の方には非常に分かりにくい部分と言われていますので、相続・遺言に精通した弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

遺産から生じた果実は、遺言等によらず、相続開始後は、法定相続分に従って分割されることになるので注意が必要です。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る