遺産共有(遺産分割)|弁護士による相続相談の用語集

遺産の共有遺産分割とは、相続手続きの中で、弁護士への相続相談で多く寄せられる遺産の分割方法の一つです。

遺産分割は、弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)においても、相続のご相談のうち、かなりの割合を占める分野です。

遺産の共有とは、複数の相続人がいる場合、相続財産の分割(遺産分割)が完了するまでは、相続財産は、共同相続人間の共同所有(共有状態)におかれることをいいます。この遺産共有状態は、遺産分割が完了するまでの間の暫定的な状態です。

相続の開始(=被相続人の死亡)→ 遺産共有 → 遺産分割

もっとも、全ての遺産が遺産共有になるわけではありません。一部の財産については、法的には、相続開始後、直ちに分割されるとされているものもあります。

    遺産共有になるもの…不動産、現金、不可分債権
    遺産共有にならないもの…預貯金、その他の可分債権

共有」とは、複数の所有者による共同所有の状態をいい、単独所有の場合と比べ、その所有状態に各種の制約が生じる状態をいいます(なお、所有権の共同所有は「共有」といい、所有権以外の財産権の共同所有は「準共有」といいます。)

具体的には、その所有物の価値を保存するための保存行為は各自が単独でできるものの、その利用は各持分に応じて行うことができ、また、その処分は、共同所有者全員の合意が必要となることなどがあげられます。

遺産の共有により、各相続人は、相続財産について、その財産の価値を保存するための保存行為等以外には、勝手に処分をすることができなくなります。

不動産等が何代にもわたって、共有状態で相続、承継されている例が見受けられますが、権利者が多数に上り、権利関係が複雑になり、また、共有者同士の連絡も取れなくなる、合理的な管理、処分が困難になるなどの弊害が起きているようです。

遺産の共有状態から、どのような分割内容で最終的な解決を図るかについては、相続・遺産分割の専門家である弁護士へ相談して決めることをお勧めします。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る