遺言信託

遺言信託とは、遺言によって信託を設定することをいいます。主に弁護士や信託銀行を利用して活用される方法です。

遺言信託における受託者は、弁護士や信託銀行があります。
遺言信託における遺言の記載事項は、遺言者の財産のうち全部または一部を信託する旨、その目的、管理処分方法、受益者、受託者、信託報酬の額または算定方法などです。

遺言信託を活用する場面としては、公益的な目的のために財産の一部を活用してほしい場合(目的信託)や遺言者死後の親族の状況などに応じて、受託者の裁量により財産の使途・処分方法を決定することを望む場合(裁量信託)などがあります。

遺言信託は、自分の死後、相続財産の活用の場面ですが、これには遺言信託以外にも、法人の設立やその他の制度の活用による実現が可能な場合もあります。法務・税務面で多面的な検討が必要となります。

遺言は、自分自身でも作成することができますが、その方式違反による無効のリスクがあり、また、遺言信託の利用を希望する場合には、専門的な知識が必要となりますので、弁護士に相談されることをお勧めします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る