遺産分割協議|弁護士による相続相談の用語集

遺産分割協議とは、相続の場面の遺産の分割方法の一つで、相続人全員の合意による遺産分割のことをいいます。
遺産分割協議が完了し、その結果を書面にしたものが「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議が完了するまでは、遺産は共同相続人間の共同所有(共有)状態にあります。

協議分割には共同相続人全員の参加が必要となります。相続人の一部を除外してなされた遺産分割は無効となります。また、相続人でない者が参加して行われた協議、家庭裁判所における遺産分割調停分割も無効となります。

共同相続人は遺産に属する財産につき自由に分割合意をすることができ、法定相続分や遺言による分割方法の指定と異なる内容での分割も可能です。

もっとも、被相続人が債務を有していた場合や、相続税がかかるような相続の場合には債権者や税務面での配慮が必要となります。

相続人同士で紛争が生じ、遺産分割協議ができない場合は、本人または弁護士等の代理人により、家庭裁判所へ遺産分割調停または審判を申し立てて遺産分割を進めていく方法もあります。

遺産分割協議書をしっかりと定めておかないと、後日、紛争が生じたり再燃したりすることがあります。遺産分割協議書を作成する場合には、遺産分割・遺言の専門家である弁護士へ相談しながら行われることをお勧めします。

また、相続人の一部の方と連絡が取れないような場合には、本人または弁護士等の代理人により、家庭裁判所へ相続財産管理人の申立てを行い、同相続財産管理人とともに、遺産分割協議や遺産分割調停を行う必要があります。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)では、不在者財産管理人の申立てについて、東京や千葉だけでなく、大阪や岩手の家庭裁判所へも申立てを行った実績があります。

戸籍の確認や、調停手続き等については、相続の専門家である弁護士へご相談されることをお勧めします。

遺産分割協議が成立した後は、その結果として「遺産分割協議書」を作成し各人が実印を押し、印鑑証明書を添付して保管することになります。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る