遺産分割審判|弁護士による相続相談の用語集

遺産分割審判とは、相続手続きの中の遺産分割の解決方法の1つで、弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)への相続相談の中でも多い分野のものです。

遺産分割審判とは、共同相続人間の話し合い(協議分割・調停分割)で分割方法が決まらない場合に、家庭裁判所の「遺産分割審判」手続により、遺産の分割手続が行われることをいいます。

遺産分割審判においては、「相続人」及び「相続財産」の確定が前提となります。この2つは、どの相続人が、どの相続財産を受け取るのかという分割手続きの前提事項です

また、遺産分割審判手続きは、相続の問題である「特別受益」や「寄与分」などの争いがある場合になされることが多いといえます。

遺産分割審判では、家庭裁判所の裁判官(審判官)が、遺産に属する物または権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して審判をします。

しかし、遺産分割審判における分割(審判分割)は、相続人の合意に基づくものではなく、裁判官が法律に従い判断するものであるため、法律の定める「法定相続分」を変更することはできません。また、遺言がある場合には、それを尊重する必要もあります。

現実の遺産分割審判でもっとも重要なものは、相続人当事者に対する聞き取りです。裁判官の判断に基づく審判手続きとはいえ、当事者の希望及び判断の前提となる事実については、当事者に積極的に主張をさせる運用がなされています。

遺産分割事件では、「審判」手続きの前に「調停」手続きを経なければならないという「調停前置主義」は採用されていません。もっとも、遺産分割事件は相続人間の紛争であるため、話し合いによる解決になじみやすい事件類型といえます。そこで、実際には、いきなり遺産分割審判を申し立てた場合でも、裁判官の職権で調停に付されるというのが一般的といえます。

遺産分割審判は、家庭裁判所での手続きであり、裁判官の判断により遺産分割の方法が決まってしまうものです。近時は相当割合の遺産分割審判において、一方または双方の当事者に弁護士による、または弁護士が関与しているという統計があります。

遺産分割・遺言の専門家である弁護士の関与により、具体的かつ説得的な主張、立証を行い、裁判官に判断を求めることが望ましいものといえます。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る