遺産分割の禁止|弁護士による相続相談の用語集

遺産分割の禁止とは、相続の場面において、被相続人が遺言により、または、相続人が遺産分割協議等により、一定期間、遺産の分割を禁止することをいいます。

被相続人は遺言によって、一定期間、相続財産の分割を禁止することができます(民法908条)。また、共同相続人の遺産分割協議(または調停)による分割禁止、家庭裁判所の審判による分割禁止によって一定期間、相続財産の分割を禁止することもできます。

 ※遺産分割の禁止期間が終了しても、協議や審判により更に不分割を継続させる事は可能ですが、全員の合意があればさらに5年の範囲内で不分割とすることも可能です。

遺産分割の禁止は、期間が短くない期間に及びまた、禁止という強い効力を有するものなので、不安な場合には、弁護士へ相談の上、決定する等の工夫が重要です。

なお、被相続人が遺言によって禁止した場合でも、「相続人全員の合意」があれば、遺産分割を行うことは可能です。また、遺言による禁止が、特定の相続人の利益のため禁止している場合にその相続人が同意するとき、相続人の全員の利益のため禁止している場合、相続人全員の合意によって遺産を分割することができます。

また、遺言執行者がいる場合には遺言執行者(多くは弁護士または信託銀行等)の意思に反して相続人のみで分割をすることはできないと考えられています(1013条)。

もっとも、遺産をあまり長く、分割しない状態においておくことは、次の相続が生じたり、利害関係人が出現するなどし、その遺産をめぐる権利関係が複雑になることが少なくないため、一定期間経過後は、できる限り速やかに分割手続きをとることが望ましいといえます。

遺産分割または遺産分割の禁止について、相続問題になった場合、速やかに相続の専門家である弁護士へご相談されることをお勧めします。

弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所(千葉)
弁護士大隅愛友(おおすみよしとも)

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る