遺産分割方法の指定

遺産分割方法の指定とは、遺言によって被相続人(亡くなられた人)が分割方法を指定した場合をいいます。

具体的には、被相続人が自宅の不動産を長男に、預貯金・株式を長女に相続させるという内容の遺言を残したような場合です。

分割方法が遺言で指定された場合、指定によって当然に分割の効力が生じるのではなく、その後の遺産分割手続(協議・調停または審判)が行われる必要があります。

なお、分割方法の指定があっても、共同相続人の協議によって指定と異なる分割をすることは可能です。

遺産分割方法の指定に反する共同相続人間の協議による分割は、税務面での問題が生じる可能性があることなどから、遺産分割・遺言の専門家である弁護士に相談しながら行うことをお勧めいたします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る