遺留分放棄

遺留分放棄とは、相続開始前に遺留分権利者が家庭裁判所の許可を得て遺留分を放棄することをいいます。

遺留分を侵害するような遺言等があった場合、その侵害された遺留分について、遺留分減殺請求権を行使するかどうかは個々の遺留分権者の意思に委ねられています。もっとも遺留分の放棄を無制限に許すと、被相続人との関係により、被相続人もしくは他の共同相続人からあらかじめ遺留分を放棄するよう強要されるおそれがあります。そのため、遺留分の放棄については、家庭裁判所の許可が必要とされています。

遺留分の放棄の申し立てを受けた家庭裁判所は、遺留分権利者の意思や放棄の事情を考慮して、放棄の可否を判断します。

なお、遺留分の放棄と異なり、相続放棄は相続開始前に行うことができません。

※遺留分減殺請求とは,遺留分を侵害された者が,贈与又は遺贈を受けた者に対し,相続財産に属する不動産や金銭などの返還を請求することをいいます。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る