遺留分率

遺留分率とは、遺留分権利者全体に残されるべき遺産全体に対する割合のことをいいます(民法1028条)。 遺留分を待つ相続人(遺留分権利者)は、直系卑属・直系尊属それに配偶者であって兄弟姉妹は含まれません。

遺留分率は、相続人の構成によって異なります。

具体的には、直系尊属のみが相続人である場合は3分の1、その他の場合は2分の1です。また、同順位の相続人が複数いる場合は按分されます。

例の一部

①子ども2人が相統人の場合

遺留分率は、それぞれ2分の1である。それぞれの遺留分は、租続財産の4分の1ずつ(相続財産×2分1×2分の1)。

②配偶者と直系卑属が相続人の場合

遺留分率は、それぞれ2分の1である。遺留分は、配偶者4分の1(相続財産×2分の1×2分の1)、直径卑属全体で4分の1(相続財産×2分の1×2分の1)。

③配偶者と直系尊属が相続人の場合

遺留分率は、それぞれ2分の1であるから。遺留分は、配偶者6分の2(相続財産×2分の1×3分の2)、直系尊属6分の1(相続財産×2分の1×3分の1)。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る