共同遺言の禁止の原則

 共同遺言の禁止の原則とは、遺言作成の際のルールの一つであり、遺言を作成する際には、複数人が一通の遺言を行うことはできない原則をいいます。

遺言は、法律で定められた方式、形式を守る必要のある要式行為であり、共同遺言禁止に違反した遺言は無効となりますので、注意が必要です。

共同遺言禁止の原則は、各遺言者の遺言内容および撤回の自由を確保するためのものです。また、遺言の一部に無効原因があった場合の法的処理が複雑になることを防止するためのものといわれています。

よくある例としては、夫婦で遺言を作成し、同じ遺言書に二人で書いてしまうことがあげられます。このような場合、夫婦が別々に、遺言を作成すれば問題が起きません。

遺言は、法律で定められた厳格なルールを守らない場合、それが無効とされることがありますので、遺言作成に際しては、遺言・相続の専門家である弁護士に相談しながら手続きを進めることをお勧めします。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る