限定承認

 

限定承認とは、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して行う相続のことをいいます。相続の方法としては、限定承認以外に、被相続人の財産・負債を全て承継する「単純承認」、被相続人の財産・負債を全て承継しない「相続放棄」があります。

被相続人に負債があった場合、相続財産の中から債権者、受遺者に弁済し、残余があれば相続人に帰属します。残った債務は相続人が相続しますが、相続人は責任を負わずに債権者は限定承認を行った相続人の財産に強制執行をかけることができません。

限定承認の手続きは相続の開始があったことを知った日から3か月以内に財産目録を作って家庭裁判所に申述をします。限定承認は相続人全員でする必要があります。

限定承認は、相続人全員で行う必要があり、手続も単純承認や相続放棄と比べて複雑なため、家庭裁判所においてもあまり利用されていないようです。

限定承認を希望する場合には、相続・遺産分割の専門家である弁護士のアドバイスを受けながら行うことが望ましいといえます。

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る