現物分割

現物分割とは、遺産分割の方法の一つであり、共同相続人間で相続財産を現物のまま(売却したりせずに)分割する遺産分割方法をいいます。具体的には、金銭など具体的に分けられるものについてはその数量で分配し、不動産等、具体的には分割できないものについては、登記手続きにより分割を行うことになります。

現物分割は、遺産分割の方法としては、最も公平な分割方法ですが、物によっては、相続分きっかりの分割は難しいことが少なくなく、実際には現物分割をベースにしつつ、遺産を売却してその売却代金を分配する「換価分割」、ある特定の財産を一部の相続人が取得して他の相続人はそれに相当する金額を受けることによる分割である「代償分割」(上記のいずれも不動産が遺産にある場合などに用いられます)などがあります。

遺産分割は、相続人間の合意により自由にその内容を定めることができますが、税務面での配慮を行うことが必要です。また、合意の内容、方法等により、遺産分割の紛争が発生したり、再燃したりすることがありますので、遺産分割・相続の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

遺産分割方法はそれぞれメリット、デメリットがあるため、複数の分割方法を組み合わせて遺産分割が行われることが多いようです。

 

アクセス

千葉事務所

千葉駅徒歩3分

千葉市中央区新町1-17
JPR 千葉ビル12階
詳しく見る